• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新着記事 一覧

ニュース

橋にぶら下がる点検ロボ、コスト3割減目指す

ALT

ロボットの受託開発を手掛けるイクシスリサーチ(川崎市)は7月26日、川崎市の協力の下、市内の上子橋で主桁にぶら下がる点検ロボットによる実証実験を実施した。

ニュース

基礎の構造を誤認、山手線の支柱倒壊で

ALT 運輸安全委員会は7月28日、JR山手線で線路脇の支柱が昨年4月に倒れた事故は、ブロックを置いただけの基礎だったのに、JR東日本はアンカーボルトで固定された強固な構造だと思い込んでいた。

ニュース

大戸川ダムは凍結から事業継続へ、近畿地整

ALT 国交省近畿地整の事業評価監視委員会は7月27日、建設凍結されている大戸川ダム(大津市)の再評価で、近畿地整の「事業継続」とする対応方針の原案を妥当と判断した。

ニュース

東亜建設の地盤改良偽装、社員2人を諭旨解雇

ALT 東亜建設工業は7月26日、地盤改良工事の偽装に関わった社員のうち、責任の重い2人を8月末付で諭旨解雇にすると発表した。

製品ガイド ★動画あり

労災防止とカラダづくりに「けんせつ体幹体操」

ALT 建設業振興基金が事務局を務めるけんせつ体幹体操製作委員会は、建設現場での墜落、転落などの労働災害を未然に防ぐことを目的に、体幹を鍛えて体のバランス感覚を高める「けんせつ体幹体操」を製作。動画を公開した。

追跡 熊本地震

熊本城、600億円投じ20年で復旧、市長表明

ALT 熊本市の大西一史市長は7月26日の記者会見で、熊本地震で被災した熊本城に600億円を超える費用を投じ、石垣や建物を20年かけて復旧する考えを表明した。なかでも天守の工事を急ぎ、3年後の公開を目指す。

ニュース

丹生ダム中止が決定、既に40戸移転

ALT 国交省は7月20日、滋賀県長浜市に建設を予定していた丹生(にう)ダムの建設事業を中止とすると発表した。

ニュース

額のセンサーで作業員の疲労度を見える化

ALT 安藤ハザマは横浜市のTAOS(タオス)研究所と共同で、作業員の身体的疲労や精神的疲労をリアルタイムで評価できるシステム「バイタルアイ」を開発した。

京阪エリア鉄道大改造(2)大阪モノレール延伸

4路線と接続、南へ延びる日本最長モノレール

ALT 日本最長のモノレールが、その距離をさらに延ばす。大阪モノレールの延伸計画ルートに沿って歩くと、橋脚の建設箇所などが分かり、整備のイメージが見えてきた。

編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

緑はインフラ整備の「添え物」ではない

ALT 「グリーンインフラ」。まだあまりなじみのない言葉ではないでしょうか。直訳すれば「緑の公共構造物」ですから、道路法面の緑化や施設の屋上庭園といったものが思い浮かぶかもしれません。しかし、グリーンインフラはもっと幅広い概念です。

日経コンストラクション 最新号から 一覧

2016年7月25日号 特集

いざ!グリーンインフラ

ALTグリーンインフラの取り組みを推進する──。欧米で先行する新しいインフラ整備の概念が昨年度、国土形成計画や社会資本整備重点計画に初めて盛り込まれた。建設業界の仕事を大きく変える可能性が高い。グリーンインフラに先鞭をつけ、将来のビジネスチャンスに備えよう。

2016年7月11日号 追跡 熊本地震 

橋はまた壊れる

ALT熊本地震から約3カ月が経過し、被災のメカニズムが明らかになりつつある。被災橋梁が土木界に突き付けた課題と正面から向き合わなければ、同様の被害は繰り返される。

技術士取得支援 一覧

話題の新刊 一覧

ページの先頭へ